あがり症

さらば!緊張 あがり症を克服する方法

あがり症の治療


あがり症の治療には、薬物療法や認知療法が採り入れられています。



あがり症は、人前で緊張してしまい、思うように話が出来なくなってしまったり、人の視線が気になってしまうなどの症状のことです。

緊張や不安によりノルアドレナリン神経が活発に分泌され、これにより自律神経の交感神経が活性化されるため、動悸や発汗などの症状が起こります。

あがり症の治療としては、薬物療法と認知療法があげられます。

薬物療法は、緊張緩和に精神安定剤、抗うつ剤が、震えを止めるにはベータ遮断薬が使用されます。

薬が効き始めるのは、2週間から2ヶ月位です。

認知療法は、必要以上に他人の評価を気にしてしまうことを修正していき、物事の見方を変えていくのが目的です。

不安や緊張への対処法を日常の訓練により身に付けていきます。

 

タグ :    

あがり症 治療