あがり症

さらば!緊張 あがり症を克服する方法

あがり症とは


あがり症とは実際どういうものか。

あがり症とは、要するに緊張しやすいことです。

具体的には、多くの人の前で話す時や面接の時など、緊張してしまう現象をいいます。

人によっては、声がうわずる、脚が震える、手あ震える、顔が赤くなる、などの現象を伴います。

このような現象は、その人の本来の能力を発揮するのを邪魔するものです。

また、そのような現象があるから余計に緊張してしまう、ということもあります。

実際、あがり症に悩む人は少なくないです。

どうやってこれを治すかは、その人にとって大きな課題です。

その答えを言うのは簡単ではないです。

ただ、あがり症を治した多くの人が言っていることがあります。

それは、慣れることです。

あえて、多くの人の前で話す、そしてそういう場数を踏むということです。

 

タグ :    

あがり症とは