あがり症

さらば!緊張 あがり症を克服する方法

あがり症の治し方


あがり症とは何?はたして克服法はあるのか?

いわゆる「あがり症」には、いろいろな症状があります。

赤面する、声が震える、手や膝の震えが止まらない、体が固くなって動きがきこちなくなる、頭が真っ白になって何も考えられない、他人と視線を合わせられなくなる、強い恐怖や不安を感じる、呼吸が苦しくなる、食欲がなくなる、眠りが浅くなったり不眠になったりする、自分が自分でなくなってしまったように感じる、などなど。

そんな症状に自己嫌悪を感じたり、人前に出たり人と会ったりするのがおっくうになる人もいることでしょう。

こうした極度のあがり症は「SAD(社交不安障害)」と呼ばれていて、現在では7,8人に1人の割合で、なんらかの症状を訴えたり、苦しんでいる人がいます。

もしかしたらあなたも、その一人かもしれませんね。

こうした症状に共通する特徴は、周囲の人になかなか理解してもらえないということです。

たとえば身近な人に相談して、「意識しすぎないでリラックスすれば」とか「いつも通りでいいんだよ」と返されることはしょっちゅうです。

理解してもらえないために、あがり症であることを周りに隠してやりすごしている人も少なくありませんし、周りから指摘されたことをきっかけにあがり症が悪化することもあります。

こうしてSADに苦しむ多くの方は、絶望感や無力感で自己嫌悪になり、数多くのチャンスを前にしても一歩を踏み出すことができずにいます。

それでも一生の間、人前に出ることを避け続けるのは不可能です。

たとえば就職活動につきものの面接や、新しい環境での自己紹介の機会、職場や得意先での定期的なスピーチやプレゼンなど、社会で活躍しようとすればするほど、人前で話をする機会はどんどん増えていくでしょう。

スピーチや人前で話すことだけではなく、日常の会話、恋愛、仕事の場面でも、あがり症に悩んでいる人も多いでしょう。

どうすれば、このやっかいな症状を克服できるのでしょうか?

 

あがり症によくある誤解とは?

  • 多くの場数を踏めば、あがり症は改善されていく
  • 知識や技術があれば、あがり症にはならない
  • あがり症になるのは、メンタルが弱いからだ
  • わかりやすいスピーチができるのは、才能のある人たちだけだ
  • あがり症の原因は、準備不足だ

これらはあがり症についてよく言われる典型的な誤解です。

このような考え方をしている限りあがり症を改善することはできません。

もしあなたがこうした誤解をしていたなら、すぐに誤解を解くことをお勧めします。

あがり症には、正しい対策と克服法があります!

このサイトでは、あがり症克服の専門家による「あがり症対策教材」をご紹介いたします。

下記で紹介する4つの教材のうち、3つについては、返金保証もついています。

話し方教室や怪しいセラピーなどに多額のお金を払う前に、自分に合った教材を試してみることをおすすめします。

話し方教室やセラピーに通うのは、その後でも遅くはありません

 

あがり症対策の教材ランキング

「精神的な弱さを改善する方法」の概要

「精神的な弱さを改善する方法」
    • 会話コンサルタントの木多崇将氏のノウハウ
    • あがり症が克服できることはもちろんのこと、人間として自信を持ち、モチベーション高く堂々と生きていくことができるためのプログラム
    • 年齢・性別・経済状況・地域に関係なく身に付けることができる
    • あがり症は16週間、溢れ出る自信は180日間、湧き出るモチベーションは30日間で身に付けることができる。
    • スピーチ、会話、恋愛、ビジネスなどすべての分野に応用ができるプログラム
    • ステップ毎にやるべきことが明快で、実践に迷うことの無い構成
    • 6ヶ月間、回数無制限の無料メールサポート付き
    • 180日間の全額返金保証
    • 配送版とダウンロード版から選択できる
    • 14700円

    ■価格■形式■返金保証
    14700円 配送版と
    ダウンロード版
    あり。180日間

    「精神的な弱さを改善する方法」の内容

      緊張を確実に今より10%減らすためには、緊張感が生じるメカニズムを理解することが有効です。

      なぜ緊張するのかを知れば緊張感に振り回されることがなくなるでしょう。

      あがり症の人にとって最悪の対処法は「緊張するな」と自分に言い聞かせることです。

      ただし、あがり症の人の95%はこの間違いに気づいていません。

      なぜ「緊張するな」と考えることがあがり症を悪化させるのか、あがり症への正しい対処法はどのようなものなのかを、脳科学の見地から説明します

      手足や声の震えが止まらないような緊張を解消してくれる、魔法のような「2つの言葉」を紹介します!

      知っているだけで効果てきめん!経度から重度まで、さまざまな症状のあがり症を改善してくれる「落ちているバナナの法則」について説明します。

      あがり症を含め精神的な疾患を抱えている人たちには、共通する点があります。

      確実にあがり症を改善するには、この共通点について知り、それを取り除くことが不可欠です!

      あがり症を治療するために心療内科(メンタルクリニック)に通うのは大間違い!

      もし今あなたがそういった病院に通院しているなら、すぐにそれを中止してください!

      軽度のあがり症を含め、さまざまな精神的な病気が治らない理由は、実は心療内科の医者に原因があるのです。

      多くの人にとって意外なことかもしれませんが、一見当たり前のような「ある行動」があがり症の改善をブロックしています。

      あがり症から自然に解放されるためには、その行為をやめることが肝心です!

      数多くの対策の中でも特に効果が大きい対処法について説明します。

      これを実践すれば、あなたのあがり症も確実に改善するでしょう。

      実は私も、これであがり症を克服しました・・・。

      日常的にテレビに出ている芸能人は、普段から「ある行動」をしています。

      人前で緊張することを防ぐ「ある行動」を実践することで、あなたも芸能人のように緊張から解放されるでしょう。

      短期間で効率よくあがり症を克服するための「あるコツ」を公開します。

      このノウハウをいますぐ実践することで、あがり症を克服し、夢に向かって前進することができるでしょう!

      行動することが大事!とわかっていても、アレコレ考えてしまって結局行動できない・・・。

      そんな失敗を防ぐために、このノウハウを試してみてください。

      行動しない理由がなくなり、どうしても行動せざるを得なくなる、とても強力なノウハウです!

      行動は始めてみるものの、毎回のように三日坊主に悩まされていませんか?

      その原因は、自分の中の「3人の人格」がお互いに争い、邪魔をしあっているためです。

      自分の中の3人の人格について知り、それぞれがチームワークを組めるようにするだけで、あなたの三日坊主は解消されます!

      あがり症を根本的に解決するには、あがり症の人に共通する「ある思考のクセ」を知り、それを捨てることが必要です!

      その思考のクセとはいったい・・・?

      どうしても緊張してしまう時に一瞬で緊張を和らげる「3つのテクニック」を伝授いたします。

      もちろん全部を試す必要はありません。

      あなたにとって一番使いやすい、しっくりくるものをマスターして、ここぞという時に使ってみてください!

      緊張のあまり頭が真っ白になったり混乱したりしたときは、これから紹介する「ミラクルフレーズ」を心の中で3回唱えてみてください。

      あっという間に冷静さを取り戻して、実力を最大限に発揮できるようになるはずです。

      緊張から解放される意外な行動とは・・・あなたが「絶対にやってはいけない」と思っていることを、あえてやってみることです。

      多くの人が誤解していますが、あがり症は完全・完璧になくしてしまってはいけません!

      緊張をゼロにしてはいけない理由を公開します。

      行動の動機となる2つの欲求。

      このうち片方は、もう片方の8倍も強い動機付けを与えてくれます。

      行動せずにはいられないほど強力な「欲」を知れば、あなたの行動も8倍になるでしょう!

      人間の欲は、ダイレクト(直接的)なものよりもインダイレクト(間接的)なもののほうが満たしやすいと言われています。

      たとえば「毎月100万円を確実に稼ぐ方法とは?」「誰からも好かれる人間になるには?」といったダイレクトな欲求を満たすのは簡単ではありません。

      より確実に満たすことができるインダイレクトな欲求について知り、それを実践するコツを大公開します!

      他人から好かれる人間になるコツは「アンパンマン」になること。

      このシンプルな方法をぜひ実践してみてください!

      ほとんどの人は気づいていませんが、実は効率的にあがり症の改善法には近道があります。

      これを知れば、わざわざ遠回りすることなく、あっという間にあがり症を改善することができるでしょう。

      多くの人は「あがり症を悪化させる5人の敵」の存在に気づいていません。

      この敵を知って排除しなければ、あがり症は悪化し続けるでしょう。

      あなたの敵の正体を大公開します!

     

    あがり症改善プログラムの概要

    あがり症改善プログラム
      • 1日15分の実践でOK
      • あがり症の男性を、スピーチの全国大会で準優勝させてしまうほど強力な方法
      • あがり症の中でも、人前で話すこと(スピーチ、面接、自己紹介、プレゼンなど)に特化したプログラム
      • 心理カウンセラーの児島弘樹さんのノウハウ
      • インターネット教材販売サイトの健康分野で1位を獲得した教材
      • 自分で行うことができ、かつ、簡単で時間がかからず、もちろん、薬は一切使用しない方法です
      • 根性論ではない、合理的・科学的な心理学アプローチで、あがり症を引き起こす根本原因に働きかける
      • メンタル面のブロックを外しながら、マインドセット(心構え・考え方)や人前で話すことに関する実践的な知識・スキルを学ぶことができる
      • 音声2時間10分、動画1時間35分、テキスト102ページのボリューム
      • アップデート版の無償提供
      • 3ヶ月間の無料メールサポート
      • 聞くだけであがり症が改善するヒプノセラピー(催眠療法)特別音声ファイルが付属
      • 30日間の全額返金保証
      • 19800円

      ■価格■形式■返金保証
      19800円 ダウンロード版のみ あり。30日間

      あがり症改善プログラムの内容

        ほとんどのあがり症の方には共通して、あがり症を悪化させる「ある考え方」が見られます。

        この考え方を知り、その防ぎ方を知ることで、あがり症を改善していきましょう。

        あがり症を改善するためには、そのための考え方を知るだけではなく「習慣化する」ことも必要です。

        あがり症を改善するための習慣化の方法を知り、それを実践してみてください。

        人前で話す出番が迫ってきた・・・!普段なら緊張がどんどん高まるそんな場面でも、一瞬で緊張感を解消する方法があります。

        自分で実践できるその方法を伝授いたします。

        より本格的・科学的に緊張を解消できる心理療法があります。

        ここでは、自分で実践できる心理療法を大公開します。

        突然人前で話すことになったとしても、すぐに気持ちを切り替えて準備を整える「魔法のスイッチ」があります。

        ここでは、人前で話すためのスイッチの作り方を公開します。

        人前に出る直前の考え方は、その後の緊張感に大きな影響を与えます。

        余計な緊張をせずに上手に話をすることができる「マインドセット(考え方)」についてお話します。

        理論的な話は、他人にとってわかりやすい話です。

        理論的に話ができるようになる公式を知ることで、相手から「話がよくわからない」「言いたいことが伝わらない」と言われることがなくなります。

        そしていつでも誰に対しても、緊張せずに堂々と話ができるようになるでしょう。

        スピーチ原稿を作る時、一字一句まで正確に作ろうとするとかえって緊張感を高めてしまいます。

        ここでは、あがり症を改善し緊張を防ぐための原稿作成方法を大公開します。

        大勢の前に立つと心臓がバクバクし、呼吸が苦しくなるという人も少なくありません。

        緊張をほぐす呼吸法を知ることで、あなたのあがり症は大きく改善されるでしょう。

        相手に与える印象が気になることで、あがり症が悪化することもあります。

        ここでは、相手に良い印象を与える方法についてお話します。

        緊張している自分の声を聞くことで、さらに緊張してしまった経験はありませんか?

        適切な発声練習をすることで、この悪循環を解消しましょう。

        発声だけでなく、滑舌の良し悪しもあがり症と深く関係しています。

        人前で話す時に、噛んだり詰まったりしないよう、滑舌を良くする練習もしてみてください。

       

      金井式あがり症教材の概要

      金井式あがり症教材
        • ベストセラー書籍多数、テレビにもたびたび出演している金井英之氏のノウハウ
        • インターネット教材販売サイトの健康分野で1位を獲得した教材
        • 36年間、6万人以上の指導実績
        • 28日間、1日20分ほどのトレーニング、4つのステップであがり症を解消するテクニック
        • 「あがり症だから話ができない」のではなく「話ができないからあがってしまう」という考え方にシフトする方法
        • あがりの原因を突き止めてから、あなたにあった効果的な方法を実践していくプログラム
        • あがり症の中でも、人前で話すこと(スピーチ、面接、自己紹介、プレゼンなど)に特化したプログラム
        • 金井氏のセミナー動画など特典多数あり
        • 配送版とダウンロード版から選択できる
        • 19800円

        ■価格■形式■返金保証
        19800円 配送版、または、ダウンロード版 なし

        金井式あがり症教材の内容

          人前で堂々と話すプロのアナウンサーや司会者にあこがれたことはありませんか?

          実は、プロの人たちも緊張してあがることがあるんです。

          それでもプロと素人には決定的な違いがあるため、緊張せずに堂々と話しているように見えるのです。

          ここでは、プロが実践しているあがりを上手にコントロールする方法を大公開します!

          金井氏がこれまでお話してきた受講生の多くは、あがり症の治し方がわからないだけでなく、あがり症のことを誰にも話せずにひとりで苦しんでいました。

          でも、あがり症を確実に治すことは可能です!

          人前に出るとどうしてもあがってしまうという人でも、その原因となる「ある3つのこと」を知るだけで悩みを解決することができます。

          その3つのことについてお話します。

          あがらないようにしようと、思えば思うほどあがってしまう・・・だれしもそんな経験をしたことがあるはず。

          これは、脳と心の密接な相互作用によるものです。

          長年の経験と理論に基いて、あがりのメカニズムを解説します。

          あがりやすい人とあがりにくい人とでは、他人の視線を気にする度合が違います。

          もしあなたが人前で気楽に話せるようになりたいのであれば、あがりにつながる思考をパチンと切り替える技術を身につける必要があるでしょう。

          ここではほとんどの人が知らない、たった1分で思考を切り替えるコツを伝授いたします。

          あがり症は癖になります。

          「あがっている自分の姿」を想像するだけで、本当にあがってしまうことも少なくありません。

          ただし、このあがり癖はトレーニングによって解消することができます。

          ここでは、あがり癖を解消するための5つの効果的なメンタルトレーニングを、ステップごとに順を追って解説します。

          人前で話す機会が急に回ってくると、ほとんどの人は瞬間的に緊張してあがってしまいます。

          それでも、一時的なあがりが本格的なあがりに発展しないよう抑えることができる、6つの保険があるのです。

          この6つの保険を持っていれば、突然の出番で焦ってしまっても問題ありません。

          すぐにあがりを撃退して、平常心で話すことができるでしょう。

          緊張してあがってしまった時は、深呼吸をすると良いと言われますね。

          でも、間違った深呼吸はかえって緊張を高めてあがりを悪化させることもあるのです。

          あがりを抑えるには、正しい深呼吸を正しい方法で行わなければいけません。

          あがり症が重い人ほど効果が出る金井式深呼吸を通して、正しい腹式呼吸のやり方と効果が最大になる深呼吸の回数をお伝えします。

          あがりを根本から防ぐためには、心の不安を消すことが必要です。

          ポケットに入れておけるこのカンニングシートを使えば、どこでも、どんな場面でも一瞬で不安を消すことができます。

          大事なプレゼンテーションが翌日に控えていても、ぐっすり眠って最高のコンディションを作ることができるでしょう。

          人前で話をしているときにあがってしまうと、取り繕おうとすればするほどワケの分からないことを口走ってしまう・・・。

          そんな経験をしたことがあるかもしれません。

          ところが、ある「特別な言葉」を使えばそんな緊張とは無縁になれます。

          どんなにプレッシャーがかかる場面でも、そのプレッシャーを利用して一瞬で気持ちをラクにすることができるでしょう。

          約98%の人は、あがり症と姿勢が大きな関係を持っていることに気づいていません。

          悪い姿勢は心の不安を増幅させて、緊張しやすい精神状態を作ってしまいますが、逆に普段から良い姿勢を保つ努力をすることで、わずかな不安や恐怖心も解消され、人前で自身を持って堂々と話すことができるようになります。

          といっても、単純に背筋をピンと伸ばすだけでは不十分です。

          あがり症から開放してくれる「特別の姿勢」についてしっかり学び、実践してみましょう。

          大勢の人がいる場面で突然のスピーチ指名を受けても、ある「3つの対策」を知っていれば緊張せずに堂々と人前で話をすることができます。

          事前の対策が不可能な緊急事態でもあわてないために、この3つの対策を確実に覚えておいてください。

          プロのスポーツ選手が大事な試合で結果を出せるのは、特別なトレーニングで自己管理をしているからです。

          どんなに力や技術を持っていても、緊張のあまり実力が発揮できなければ意味がありません。

          プロも実践するトレーニング法を身につけて、どんな場面でも堂々とできる自己調整力を手に入れましょう。

          ある能力を身につけることで、人前で離さずにはいられないほど会話のネタが溢れてくようになります。

          これまで緊張のあまりコミニュケーションがうまく取れなかった人でも、誰かと話したくてウズウズづするようになるでしょう。

          自己紹介に苦手意識を持っているひとは大勢います。

          思わず噛んでしまったり、早口になってしまったりした経験から、自己紹介の場面をつい避けてしまうという人もいるでしょう。

          金井式スピーチ法を身に付ければ、どんな人でも聞き手をうならせるような話し方が身につきます。

          もう自己紹介を恐れる必要はありません。

         

        あがり症改善プログラム(とよだクリニック版)の概要

        あがり症改善プログラム(とよだクリニック版)
          • 精神科医の豊田早苗氏によるプログラム
          • 人前で話すこと、スピーチだけでなく、人との会話や電話、面接、オーディション、スポーツの試合、カラオケなどであがってしまうという方にも対応するプログラム
          • スピーチ法、発声法、コミュニケーション法、目標達成法なども学べる内容
          • 配送版とダウンロード版から選択できる
          • 180日間の返金保証
          • 12800円

          ■価格■形式■返金保証
          12800円 配送版、または、ダウンロード版 あり。180日間

          あがり症改善プログラム(とよだクリニック版)の内容

            今すぐ緊張を解消してくれる、簡単・即効性のある方法をご紹介します。

            必要なのは自分の体だけ。

            もちろん、習慣的なトレーニングなど一切必要ありません。

            最初は手順を覚えたりするために30分、人によっては60分近くかかることもありますが、一度覚えてしまえばたった3~5分程度で実践可能です。

            もちろん、こんなに手軽でも効果は本物。

            サッと行なうだけでみるみる緊張がほぐれていくのを実感できるでしょう。

            本教材ではその方法と、さらに効果を上乗せできるテクニックをご紹介していきます。

            根本的は解決のために潜在意識を書き換えましょう。

            トレーニング効果を最大限に引き出すには、自分の潜在意識に直接働きかけることが必要です。

            そのためにはまず、「メンタルブロック」の外し方から学びましょう。

            イメージトレーニングで効果を出すには?多くの人はあまりイメージトレーニングに頼ろうとしません。

            しかし正しいイメージトレーニングをすれば、あがり症は確実に改善されます。

            ここではその方法をご紹介します。

            イメージトレーニングの誤解を解きます。

            イメージトレーニングは、流行りの自己啓発術やスピリチュアル系ノウハウと混同されることがあります。

            しかし本当のイメージトレーニングは、しっかりした根拠に基づく科学的な訓練です。

            正しいイメージトレーニングと間違ったイメージトレーニングについて解説します。

            どんなに一生懸命イメージトレーニングしても、それが間違ったものであれば効果は出ません。

            正しいイメージトレーニングのポイントについてお伝えします。

            意のままの自分を作れるイメージトレーニング練習法を解説。

            例えば上手なスピーチをするため、あるいは緊張感から解放されるためなど、イメージトレーニングの目的は人それぞれです。

            ここでは目的ごとのイメージトレーニング方法をご紹介します。

            目標を達成するためのイメージトレーニング。

            よくある間違いに、人前で話した後の素晴らしい結果・成功している自分の姿を想像するイメージトレーニングがあります。

            しかしこれではほとんど効果はありません。

            本当に効果の出るイメージトレーニングの訓練方法を身につけましょう。

            イメージトレーニングの中には、かえって逆効果になるものもあります。

            どういうイメージトレーニングが危険なのかをしっかり知り、絶対に避けるようにしてください。

            イメージトレーニングはあくまでイメージを作るだけの補助的な訓練と考える人も大勢います。

            ですが正しいイメージトレーニング方法を知ることで、イメージと自分の脳や体を一致させることが可能になります。

            これによって、現実に緊張が高まるような場面でも一瞬でリラックスできるようになるでしょう。

            特殊な呼吸法で緊張をほぐしましょう。

            リラックスするための呼吸法としては、腹式呼吸や丹田呼吸と呼ばれるものが有名です。

            ここではスポーツのプロ選手も実践している、即効性のある呼吸法を伝授します。

            弛緩法で全身の緊張を解く方法。

            緊張すると体が固くなってしまいます。

            これはあがり症に苦しむ人たちに共通する特徴でもあります。

            固くなった体を一瞬で緩め、リラックスしやすい状態にもっていくための弛緩法を身につけてください。

            短時間で緊張をほぐす行動を指導します。

            大事なプレゼン前や大勢の前でスピーチする直前など、緊張がクライマックスに到達する時に実践できる、呼吸と動作の組み合わせをご紹介します。

            さりげなくリラックスするための方法をお教えします。

            大勢の人が見ている中で、思い切った動きはなかなかできません。

            ここでは、さりげなく指を握るだけで緊張をほぐす方法をお伝えします。

            あがり症が原因で痛い失敗をしたことがあると、どうしてもそれがトラウマになって行動が消極的になりがちです。

            そんな悩みを持つ方に試して欲しいのが、身近にある「ある物」を使った簡単な動作です。

            これを実践すれば、過去のトラウマを振り払って、簡単に気持ちを切り替えることができるでしょう。

            失敗した瞬間でも瞬時に対応する方法があります。

            しまった!と思う気持ちを引きずると、緊張がどんどんエスカレートしていきます。

            パニックを未然に防ぐために、この方法を試してみてください。

            緊張を防ごうとするのではなく、そもそも緊張することができないようにする、脳の仕組みを利用したトレーニング方法をご紹介します。

            人前で失敗しないための準備をする方法です。

            プレゼンやスピーチの準備というと、まず話の原稿作成から始める人が大勢います。

            しかし、この順番は間違い。

            失敗知らずの準備をするためには、原稿の内容を考える前に必ず「あること」を決めておかなければなりません。

            準備のやり方がわからない時はどうすればいいのでしょうか。

            大事な場面が迫っているのに、そもそも何を準備したら良いのかわからず時間だけが過ぎていく。

            そんな状況では、あせりのあまりどんどん緊張が高くなります。

            人前で話をする、面接を受けるなど、さまざまな場面で使える問題解決法をお伝えします。

            あらゆる状況に対処するための3つの質問があります。

            原稿やリハーサルなどの準備がバッチリでも、まだ安心してはいけません。

            本番で起きるかもしれない予測不可能なアクシデントにも余裕で対応できる「3つの質問」で準備を完璧にしましょう。

            1つのパターンで一生懸命準備しても、本番中の状況によって準備した内容が通用しなくなることもありえます。

            予定通りスムーズに話せるケースだけでなく、途中で緊張のあまり頭が真っ白になるケース、開始直前から緊張でパニック状態のケースなど、どういう状況でも無事に本番を乗り切るための方法をお話します。

            準備は完璧!もう大丈夫!と納得できる準備の仕上げをしましょう。

            本番前や本番中に緊張する原因のひとつは、自信のなさです。

            準備の仕上げのコツを知れば、「準備が足りなかったかも」「もしかしたら失敗するかも」といった心配や不安の代わりに、「絶対に大丈夫」と自信を持って本番を迎えることができるでしょう。